<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

地震

デルタ家は青森県八戸市に住んでいます

3月11日の地震で最初の頃は八戸港周辺の津波映像が
テレビで流れていました。
よく、釣りに行ってた埠頭や港が、まさしくその場所でした。
釣りの前に必ず飲み物やお弁当を買っていたコンビニ、
ウミネコの繁殖地、デルタとよく散歩に行っていた海なども被害に。



事実、デルタ家は近くの公民館にて避難生活を2日ほど経験
もちろんデルタは入れません。
子どもたちは公民館の中
デルタは公民館の駐車場で車の中
交代で抱えていました。
地震の翌日は雪も降り、東北は寒かった


2日後、家に戻り
復旧した電気のおかげで、倒れた観葉植物の土を
掃除しスーパーへ買い物へ。
そこで、ほとんど商品がない棚
乾物、ふりかけ、ドレッシングまでもない
異様な光景に目を疑う。
もちろんお米はない。
新幹線、高速道路も使えない。
日本海方面を経由して青森を出たい衝動が
襲ってきたけどガソリンもない
宅配便も受付停止
郵便局のレターパックだけは大丈夫。


今の八戸では、牛乳や納豆の個数制現や
売値が高いくらいの影響があるくらいかな。
食事での塩分制限のある息子2号の事もあり
我が家はカップラーメン、インスタントラーメン類は
無くても平気。
お米も手に入るし、お米が炊ければ大丈夫。



岩手、宮城、福島の沿岸部の被害は
テレビの映像を何度も見ても
今でも信じられない光景。
子どもの頃、海のない県で育った私には
「津波」とは伝説の出来事の一部だったのに。
今でも余震、新たな震源地での地震もあったりで
落ち着かない日々も続いてる。


東通原子力発電所、六ヶ所原然などある青森県。
今回の地震のような、大きな地震と大きな津波が
また起こる可能性もある。
避難しなくてはならないかもしれない時もあるかもしれない。
折りたたみ式のデルタのケージも購入
ホームセンターの店員さんの
「アイリスオーヤマの工場が被災して、今オーダーを入れても
なかなか入って来ない。」の言葉で箱なしの展示品だったけど。
ホントかな?


関東方面でも地震が収まる様子もない
長野、新潟の内陸でも揺れてる
防災の備えがあるとかなり違う。
和歌山に住み始めた頃、
東南海地震の危険性が騒がれていて
コーナン(関西ではかなり有名なホームセンター)で
買っていた10年くらい前の手回しラジオ
FOMAの充電もできるし、ライトもある。
今はネットでも品薄、ホームセンターでも品薄。
キャンプで使ってたジェントス、ロゴスの電池式ランタン、
UCOキャンドリア&キャンドルランタン
倉庫に入れてあった物をリビングに移動
あまり使ってなかったポータブルテレビ。
地震後、リビングに集められた物は多い。


先月のような大きな地震と津波が
起こらない事を願う毎日です。
[PR]
by dct400ss | 2011-04-12 10:51 | その他